一本締めと三本締めとの違いとは?

さて問題です。

飲み会の締めや、大きな行事などの最後に行う手締めの一本締めと三本締めの違いとは、どう違うのでしょうか?


一本締めは、『よぉ~ パチン』とやるやつ。

三本締めは、『よぉ~、パパパン パパパン パパパン パン』を3回繰り返すものと答える人が多いですが、実は多くの人が勘違いしています。


正式に、一本締めとは・・・

     『パパパン パパパン パパパン パン』を1回だけやる。

     
     三本締めとは・・・

     『パパパン パパパン パパパン パン』を3回繰り返す。


それでは、『よぉ~ パチン』とやるのは何かというと、「一丁締め」と言うそうです。

 『パパパン パパパン パパパン パン』が長いから省略し、『よぉ~ パチン』としたとか言っていました。

関東周辺の地区では、これが「関東一本締め」とか言うそうです。

なるほど・・・!?

テレビ番組で紹介されているのを見るまでは、私も勘違いしていたひとりです。



また、手締めには、意味合いがあるそうです。

最初のかけ声『よぉ~』は、「祝おう」を略した形で、次に『パパパン パパパン パパパン パン』と3回+3回+3回+1回、合計10回手を叩くわけです。回数を漢字で表すと、最初の九回に一回を点として加えると、「丸(まる)」になります。

その場を「丸く収める」という意味合いがあるそうです。


つぎに三本締めのもつ意味合いは・・・

一本目は主賓に、二本目は来賓・来客に、三本目はその場に参加できなかった人に向けてなのだそうです。


うぅ~ん、なるほど・・・そうだったのか! ひとつ勉強になりました。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック